Hair Craft Goro Online Store
 
#4007◆
◇Parker / Variant◇◆

 [ Adjustable ]

 ¥6,300
(税抜、送料別)










インドに本社、製造元を置くDE Safety Razorのメーカーである Parker


イギリスを始めとするヨーロッパ、そしてアメリカと、DE Safety Razorを使うトラディショナルシェービングの世界ではとても有名なメーカーのひとつです。





DE Safety Razorは、大きくわけて3タイプあります。



ひとつはヘッドをバラしてブレードをセットする3ピース(もしくは2ピース)タイプ。

もうひとつはハンドルをくるくる回すとヘッドが観音開きになっていてブレードをセットするバタフライオープンタイプ

そしてもうひとつがアジャスタブルタイプと呼ばれるブレードのアタリを調整出来るヘッドがついたタイプです。





Parker社からリリースされているアジャスタブルタイプのセイフティレイザー


Variant をご紹介します。






Adjutable Setting "1"







ハンドルエンドをくるくる回すとヘッドプレートが外れる2ピースの本体。


ブレードをセットして目一杯締めた状態が 0.5


この状態だと、ほんの僅かだけブレードが肌に当たるセッティング。


超マイルドセッティングで、まるでスプーンで肌を撫でている様なシェービングです。


最後の仕上げに深剃りで肌を傷めずにあてるセッティングです。


僕は「1」〜「2」で深剃りをすることが多いです。




そこから無段階に「1」「・」「2」「・」「3」「・」「4」〜

「5」までセッティングを変えられます。








Adjutable Setting "5"




↑の画像はセッティング 5


超アグレッシブセッティングです。

まず使うことはないでしょう。

主に、数日間伸ばしてしまった長いヒゲを落とす時に出すセッティングですね。






ヘッドが浮き上がり、ガードプレートとの間に大きく隙間が開いているのが、先の画像のセッティング1と比べても解ると思います。


このほんの僅かな違いで肌へのアタリが変わり、同じブレードでも全く違うフィーリングになります。





僕のオススメセッティングは、セッティング 3.5 で、

「1st Pass(ヒゲの生えている向きに剃る"グロー”)」

「2nd(生えてる向きに対して横から剃る"クロス")」

「3rd(生えてる向きと逆"アゲインスト")」と、

徐々にマイルドなセッティングに落としていくといった感じでしょうか。





サテン仕上げのクロームコーティングのサラサラ感が、マイルドなアタリを更に際立たせています。







Blade: Personna / Red Pack





そして、このアジャスタブルタイプであるVariantにセットするブレードは、断然シャープ系がおすすめ です。





週末、休日の間に剃らずに伸びたヒゲ。

肌も休まった状態の休み明け初日の出勤前、もしくは前日夜。

シャープ系のブレードを使い、男の身支度を整える。

心も身体も気も引き締まる神聖なグルーミングな時間になります。








Blade: Perma-Sharp / Super




このVariant、僕の感想ではセッティング2以下であれば、多少乱雑な剃り方をしても、肌を切ってしまう気がしません。
そのぐらい、マイルドなセッティングも出来るレイザーです。




シャープネスなロシア系のブレード、そして我が国日本が世界に誇るNinja Blade「Feather」の新品おろしたてのキンキンシャープネスブレードを使って、トラディショナルスタイルのシェービングを安全に楽しむことが出来るのが、このParker Variantの魅力だと思います。
















↓↓↓ Parker Variantを使ったシェービング動画です。↓↓↓








◆◇Hair Craft Goro Online Store◆◇


ご注文、お問い合わせは → ショッピングガイド

他のシェービングギアも観たい! → シェービングギア







Hair Craft Goro

東京都足立区保木間1-4-16 今関ビル1F
03-3884-8590
毎週月曜、第2、3月火連休