パラドックス
↓↓↓↓


↓↓↓





まず自分が優しくなれたら何処へでも行きたい所へ行くことは難しいことじゃない。
物理的なことはもちろん、時間も超えて、過去へも未来へも。



この今生きてる人生の中でも、

自分の好きな所へ自由自在に行けるんだ。




って事に、僕は気付いてしまった。











そもそも僕らは「タイムマシンに乗って人生を旅してる」ことを忘れてはいないだろうか?



タイムマシン...。


イメージ出来ない人、ぜひ「タイムマシン」を今一度イメージしてほしい。



タイムマシンに乗って過去へ行ったとしよう。
過去へ行ったとしても、そこで感じるのは過去ではなくて「今」じゃないか。

過去へ行こうと未来へ行こうと、そこにあるのは「今」でしかないよね?




それが解ったら、「今すぐそこへ行く」ってのは、どうだい?

「過去」だって「未来」だって、瞬間で「そこ」へ行けるんだ?!

って、僕は気付いてしまった。




「自分」や「自分以外」とトコトン向き合うと、自分に一番優しく出来るのは自分しかいなんだ、ってことに僕は気付いてしまった。

他にそれを求めることは「自然」なことではない、ってことを。




自分が自分を愛せる様になれなくちゃ、他を愛せることはいつまで経っても、この先、何万年何億年生きようと他を愛すことは出来ないだろう。

他を愛したいから、自分を愛する。




僕は「他」を愛したい。




だから僕は、まず「自分を愛する」ことに決めたよ。




順番が間違っていた。
これに気付くまでに50年も、僕は人生を過ごしたんだ。。