いま、"ある意味"「2020東京オリンピック」は始まったんじゃないかと思ってる。



世界中で起きたこのパンデミックの中で、

「どう経済を立て直し、自国を発展させていくか?」

そういった競技として、国民一人一人が代表選手として、表彰台、メダルを目指していこうじゃないかと。



そして、第三次世界大戦であるとの認識。

「戦争」という言葉を聞いただけで、反応してしまう方は、ぜひとも僕の解釈を最後まで落ち着いて読み取って欲しい。

これまでの戦争での殺し合ったり全てを破壊するやり方ではなく、人々を恐怖と不安に陥れ、経済を疲弊させて「デフォルト」させたんじゃないかと。

そういった意味では、デフォルトが進んでいない地域には、ウィルス騒動を利用した第2波、第3波というミサイルを何度となく撃ち込まれるだろう。



新しい時代の幕開けだよ。
戦うことをやめなくちゃいけない。戦って勝ったところで、負けた側の仕返しが始まる。
人類はずっとそれをこの星で繰り返してきた。


戦いたくなることはあるよ。そりゃそうさ、ひとりひとりみんな違うんだもの。対立はあって当然。

でもさ、
「わかってくれりゃ、それでいいよ」で、いいんじゃね?




人類はようやっと不毛な殺し合いを止めることに成功したんだと思う。
それがこのウィルスパンデミックなんじゃないかな。


だったらさ、さっさと「戦後復興」を始めようぜ。